天然動物マーキング「ウルフピー」
猪被害対策食害防止への新しい切り札
ウルフピー®狼とその効果:イノシシ編



- ウルフピー®は既存の動物忌避剤に変わる新しい狼の尿100%の獣よけで、狼が近くにいると猪に勘違いさせて作物や民家などに近づけなくする商品です。

- 日本では狼はすでに絶滅したと考えられていますが、イノシシをはじめ哺乳類の遺伝子には狼が天敵であるという危険信号がまだ残っているといわれているとおり、ウルフピーに対して警戒するため近づきません。

- ウルフピーは、初期費用が少なく、設置が簡単、メンテナンスも継ぎ足すだけの簡単使用、自然に優しい究極のイノシシ被害対策商品です。
イノシシ被害対策に効果があるのか、野生の猪への実験

農作物への食害被害をもたらす野生の猪
イノシシ
四国で捕獲されたもの。畑を荒らしたり、民家のごみ箱を荒らしたりと、山間部のみならず、住宅街でもその被害がかなり深刻です。
このイノシシも、民家の庭先から沢に追い立てられて捕獲されました。
全国のイノシシの農作物に対する被害は深刻で、平成19年度農水省発表資料によると被害量は全国で約38,600トン、被害面積にして14,000haです。

猪対策の切り札としてウルフピーを実験します
おいしそうに葉っぱを食べています。イノシシは草食性の強い雑食です。臭覚が非常に優れており、まず臭い、そして視覚で確認する習性があります。
雑食性のため、イネ、ムギ、豆類から果樹類、芋、工芸・飼料作物まで、農作物全体に及ぼす猪の影響は甚大です。




猪被害を軽減させるために、ウルフピーが効果的なのかどうか、実際に実験してみました

イノシシ対策に効果があるのか検証します。
大好物の葉っぱの先にウルフピーをかけてみました。1910年の捕獲を最後に日本で既に絶滅したといわれているオオカミなので、今でもイノシシに効果はあるのか検証する必要があります。




猪が狼の臭いを嫌って近づきません。猪への被害対策に効果が期待できます

イノシシはとても嫌がり、逃げていきました。

元来、オオカミはシカ、イノシシ、ニホンザルなどの捕食者でした。しかし、捕食者であるニホンオオカミの絶滅とともに生態系が崩れ、それらの動物の個体数の増加とともに、人への被害が深刻化していったのです。



- 猪への実験
- 鹿への実験
- 猿への実験

長野県内りんご圃場での使用状況は「JA長野支所による野生イノシシの被害に対する現地効果使用実績」のページをご参考ください。

*ウルフピーは、天敵を嫌がる猪の習性を利用して、対象となるイノシシを作物や庭園などに近づけにくくするものです。自然のイノシシの本能を利用した商品ですので、効果は猪個体差がございます。

お問合せ

wolfpee.com

電話   03-6256-0381

FAX   03-6256-0382

e-mail



ホーム

ウルフピーについて

使い方

小売店一覧

代理店一覧

商品一覧

本物の狼尿とは

動物への検証
- 猪への実験
- 鹿への実験
- 猿への実験

メディア

お客様の声

よくある質問

狼について

JAS有機

類似・コピー品にご注意



導入事例

猿 NEXCO中日本

鹿 JR西日本

犬 都内民家



会社案内



お問い合せ

サイトマップ



携帯サイト
携帯電話のバーコードリーダーで携帯サイトへアクセス

外部リンク
農林水産省
東京商工会議所
東京都中小企業振興公社
東京都産業労働局農林水産部
東京都農林水産振興財団
全国農業協同組合連合会
全国森林組合連合会
農業共同組合新聞
長野味えさ販売
wolfpee.com







© Copyright wolfpee.com 2015 all rights reserved.